2017年05月25日

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成27年度試験 問22 借主の退去及び残置物の所有権の放棄

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから




 
 平成28年度試験問題はこちらから 

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

平成27年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


以前、賃貸管理会社が滞納者に対する嫌がらせで鍵を変えてしまうというのがありましたが、これは確実に違法です。この辺りが試験に出ていますので勉強しておいてください。

借主の退去及び残置物の所有権の放棄の勉強をするならこちら
鍵の管理


問22 借主の退去及び残置物の所有権の放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 賃貸借契約に「借主が契約終了後1か月以内に退去しない場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が契約終了後1ヵ月以内に退去しないときは鍵を交換することができる。

2. 借主から退去前に取得した「借主は退去後の残置物については所有権を放棄する。」という念書がある場合、貸主は、借主が粗大ごみを残して退去した時は、これを処分することができる。

3. 賃貸借契約書に「借主が無断で1か月以上不在のときは、契約が解除され、借主は室内の遺留品について所有権を放棄する。」という規定がある場合、貸主は、借主が長期不在となった時は、室内の遺留品を処分することができる。

4.賃貸借契約書に「借主が無断で1か月以上不在のときは、契約が解除され、借主は室内の遺留品について 所有権を放棄する。」という規定がある場合、貸主は、借主が長期不在となったときは、室内の遺留品を処分することができる。


答えは2ですね。

鍵交換については、以前滞納が発生したら鍵を変えてしまうという
管理会社が多くあり社会問題になりましたが、基本鍵を勝手に変える行為はダメです。

又、1か月以上連絡が取れず契約解除したとしても勝手には部屋の中には入れません。
なので遺留品を勝手に処分することもダメですね。
しかし、2のような場合は念書があるので残置物の粗大ゴミを処分することは
承諾の範囲内ということで許されるということです。


借主の退去及び残置物の所有権の放棄の勉強をするならこちら
鍵の管理


平成27年の問23へ

メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。






賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



posted by ぐっさん at 07:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成27年度試験 問21 賃貸借契約の更新拒絶






賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから
 
 平成28年度試験問題はこちらから 

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


実際に貸主が更新拒絶のはハードルが高く、建物の老朽化による建替えが必要な場合など正当事由が必要になります。その際もお金を立ち退き料や引越し代を払う必要があるなど費用が掛かる場合があります。

賃貸借契約の更新拒絶について勉強するならこちら
正当事由


問21 賃貸借契約の更新拒絶に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 貸主は、自ら建物の使用を必要とする事情が一切なくとも、立ち退き料さえ支払えば、正当事由があるものとして、更新拒絶することができる。

2. 更新拒絶の通知時点では正当事由が存在しなくとも、通知後に事情が変わり正当事由が具備され、正当事由が具備された状態が事情変更時点から6か月間持続した場合、解約の効果が生じる。

3. 建物の老朽化が著しく、隣家に損傷を及ぼしている場合、貸主は当面自己使用の必要性がなくても、立退料を提供することなく更新拒絶することができる。

4. 建物には当たらない駐車場施設の利用契約について貸主が更新拒絶するためには貸主に施設の使用を必要とする事情のほか、立退料の支払いにより正当事由が認められなければならない。


答えは2ですね。

問題文のとおりですね。

正当事由は結構厳しく、貸主の勝手では更新拒絶は出来ません。
正当事由に当たるのは次のような状況です。

【正当事由としての考慮要因】

@貸主および借主が建物使用を必要とする場合

A建物の賃貸借に関する従前の経過
契約の経緯や権利金等の支払いの有無、金額、契約上の義務の履行など

B建物の利用状況
借主の利用状況、要法違反はないかなど

C建物の現況
老朽化によって建替えが必要、敷地を利用する権利の喪失など

D財産上の給付(立退き料)の提供の申し出

賃貸借契約の更新拒絶について勉強するならこちら
正当事由


平成27年の問 22へ

メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)












posted by ぐっさん at 07:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

平成29年賃貸不動産経営管理士4問免除講習、北海道会場6月20日〜21日、締め切り6月9日!







応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

メニューページへ

意外にこの講習のページが探しにくいので
ここに直接いけるURLをのせておきます。
http://chintaikanrishi.jp/measure/course/entry/

平成29年の賃貸不動産経営管理士講習の
北海道会場の募集状況ですが
上記URLでご確認ください。


北海道会場は、北海道自治労会館
地図 https://goo.gl/maps/JJHGaqXbkGk

1.6月20日〜21日 定員100 締め切り 6月9日

受講料はちょっと高い17800円にプラステキストは自腹。
お金で点数を売っている感じは嫌ですね。


賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)




メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。



posted by ぐっさん at 12:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成27年度試験 問20 定期建物賃貸借契約




賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

 平成28年度試験問題はこちらから 

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

平成27年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


最近は物件によっては先々の活用などを考えて定期建物賃貸借契約で契約する方も増えています。

定期借家賃貸借契約について勉強するなら
定期建物賃貸借契約


問20 定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 宅地建物取引業者が定期建物賃貸借契約の再契約について貸主の代理をして締結する場合には、建物取引業法の定めるところにより、あらためて重要事項説明をしなければならない。

2. 定期建物賃貸借契約の事前説明は、賃貸借の媒介業者が仲介の立場で宅地建物取引業法に定める重要事項説明を行えば足りる。

3. 平成12年3月1日より前に締結された普通建物賃貸借契約については、居住用・事業用の区別に関わらず、貸主と借主が合意しても、これを終了させ、新たに定期建物賃貸借契約を締結することはできない。

4. 定期建物賃貸借契約の事前説明は、定期建物賃貸借契約書に「契約の締結に先立って説明を受けた」旨の記載があれば、別個独立の書面で行わなくても足りる。


答えは1です。

問題のとおりです。

3は、平成12年3月1日より前に締結された普通建物賃貸借契約については、使用目的が居住用でなければ、契約を終了し、定期借家契約を締結することは可能。



定期借家賃貸借契約について勉強するなら
定期建物賃貸借契約


平成27年の問21へ

メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)








posted by ぐっさん at 07:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

平成29年賃貸不動産経営管理士4問免除講習、仙台会場6月27〜28日、締め切り6月16日!







応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

メニューページへ

意外にこの講習のページが探しにくいので
ここに直接いけるURLをのせておきます。
http://chintaikanrishi.jp/measure/course/entry/

平成29年の賃貸不動産経営管理士講習の
仙台会場の募集状況ですが
上記URLでご確認ください。


仙台会場は、

1.6月27〜28日 定員140 締め切り 6月16日
ハーネル仙台
地図 https://goo.gl/maps/rSCiAJnFwG82

2.9月7〜8日 定員80 締め切り 8月25日
宮城県不動産会館
地図 https://goo.gl/maps/wJ1iyXL4M442

受講料はちょっと高い17800円にプラステキストは自腹。
お金で点数を売っている感じは嫌ですね。


賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)




メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。



posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする