2015年09月07日

ペットを飼われている方の家選び

ここ何日か、突然の大雨や突風など、異常気象が

各地で起こっています。

こればっかりはどうしようもないですが、

皆さんも防災対策怠らないようにしましょう。

今回は、最近増えているペットを飼っているお客様の家選びについて、

気付いたことを書いてみます。

一般的にペットは飼えない物件が多いのは、探していて、

思われるお客様が多いのではないかと思います。

特にネコちゃんが飼える物件となると極端に少なくなります。

それはなぜか。

答えは単純で、ペット家の中を傷つけてしまう確率が

高いからです。

賃貸物件は、通常借り入れをして物件を建てているので、

オーナー様はお金を返済しながら、賃貸経営をしております。

賃貸経営でお金がかかるのは、日々は、設備の故障等の修理ですが、

一番は退去後のリフォームです。

1Rでも壁紙、クッションフロアー、クリーニングなど行うと

10万~15万掛かります。

この辺は、まあ替えがきく部分ですが、ペットがいると、

柱を引っかいたり、壁に穴をあけてしまったり、フローリングを傷つけたり、

と大がかりな工事が必要となり、費用が膨れます。

なので、ペットの飼育を嫌がるオーナー様が多いのです。

しかし、需要が増えているのも事実で、ペットOKの物件は増えており、

オーナー様は、対策として、通常、敷金、礼金を+10万円もらったり、

家賃を5000円上げたりと退去時の費用負担を要求されます。

仕方ない部分ではありますが、出来ればこの部分はない方がいいですよね。

この辺の交渉は、他の物件も同じですが、下がりやすい条件としては、

・引っ越しシーズンを外して部屋を探す。
決まりにくい時期なので、結構交渉が出来ます。

・空室の多そうな物件、交渉がしやすそうな物件を紹介してもらう。
決まってないので、物件としてどうか?ということはありますが、
こういった物件も交渉しやすいです。

又、ペットを飼育できない物件でも、場所等で気に入っている物件があれば、
ダメ元で交渉してもらうのもありです。

賃貸物件を探される場合は、最初からあきらめず、とりあえず一旦交渉してもらう
というのが、基本だと思います。

あんまり交渉ばっかりすると嫌がられますが、聞いてもらうのはタダなので、
気にせず交渉してもらいましょう。

それでは、よい物件に出会えることをお祈りしております。




























posted by ぐっさん at 08:43| Comment(0) | 家選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

敷金・礼金ゼロ物件を契約する際注意するべきこと

毎日、毎日うだるような暑さ。

何もやる気がおきません。

今日で3連休三日目。

ほぼ何もせずに無駄に時を過ごした。

昨日久しぶりにパチスロを打ちにいったが、

予定通り負け。バイオハザード6。

まあ、面白かったけど、変わった台が出るわなあ。

なぜ後3千円我慢できんのやろうか。

もうやめよう。次は北斗まではやめよう。

ということで、最近初期費用を抑えたいということで、

敷金・礼金ゼロの物件を探しに来られる方が多い。

我々も家主様に敷礼ゼロにした方がお客様つけやすいですよ、

という話をする。

まあ、安いに越したことはないですが、

安いものには何かあるものです。

家主様が敷礼ゼロにして募集するのはなぜか。

家主様からすると、リフォームをして、

その分のお金ももらわずに部屋を貸す。

もし、部屋をすぐに解約されたら、

部屋のクリーニング代にもなりませんよね。

しかし、空けておいたら、お金が入ってこないので、

特に空室が多い時などは、空室を埋める為に

敷礼ゼロにしてでも、入ってもらう方がいいと考える方が

多いです。余裕がある人は、中途半端に貸すよりは、

空けておいた方がいいという家主様もいますので、

この辺は家主様次第というところです。

そんな感じで、やはり損をする可能性があるので、

家主様再度としては、色々と損をしないように特約を

入れてきます。

特約というのは、契約書に載せているいる以外で、

これは守ってくださいというようなことです。

一番多いのは、

◎半年未満の解約は、賃料の2か月分、1年未満は1か月等の
違約金が発生するというもの。

家主様が早期の解約防止にやはり入れて欲しいと言われます。

後は、

◎退去時の故意又は過失による破損等は、実費精算。

というような感じです。

なので、敷金・礼金ゼロで安いから言いわと入ってみたものの、

隣がうるさいので出たいという場合、違約金が発生するということが

ありますので、その辺は注意して契約しましょう。

その他では、敷金・礼金はゼロだけど、クリーニング代、鍵交換代を

別途請求される等の付帯でお金を取られて、実質費用が掛かるというような

物件もあるので、必ず条件は確認が必要です。









posted by ぐっさん at 22:05| Comment(0) | 家選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする