2015年08月06日

接客エピソード K察官応対の続き

昨日のつづきです。

めったにないことですが、

昨日は水曜日で不動産業者は休みが多く、

昨日のお客様が決めていただいた物件は、

空室の確認が取れていなかった。

仕方なく、申込書だけFAXをして、

休み明け早々部屋止めをしてもらう段取りをしていた。

まあ、3日前は空いていたから大丈夫と自分に言い聞かせながら、

業者に朝電話で確認。するとごめんなさい。一番手が入っています・・・

絶句。

かなり気にいっていたので、それに代わる物件を探すのは難しい。

仕方なく電話で報告。案の定お客様は肩を落としているようでした。

決めないといけないので、とりあえず行きます。

ということで、私も必死に代替え物件を探してお客様を待つ。

が、中々気にいってもらえる物件がない。

どこか足りないんですよね。

が、最終的に2番手と考えていた物件で決めてもらいました。

ついてないなあ。お客様には本当に申し訳ない思いでいっぱい。

こういうときもあるよね。





1人DEカラオケDX(家庭用カラオケセット)

1人DEカラオケDX(家庭用カラ
オケセット)

\8,424(税込)

エコー、ボリュウム調整が本体で可能なので、本格的なカラオケが楽しめます。 周りを気にせず思いっきり練習できるから、上達すること請け合い! エコー+防音マイクがあなたの一人カラオケを応援! カラオケ以外でも、詩吟・スピーチ・演説・講演・発声なのど練習にもご使用い…

拡大画像を見る


posted by ぐっさん at 23:18| Comment(0) | お客様とのやりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

接客エピソードその4 今日はK察官を接客。警察も大変そうです。

暑い夏はつづく〜

猛暑日が5日連続とは、どうなるんか。

もうそろそろ秋の声が聞こえてもええんちゃうの〜

今日は、朝朝礼中に突然の反響電話。

あそこの物件を見たいので、今から行きます!

おー、朝から調子ええわ。

ということで来られたお客様は、40歳くらいの男性。

ちょっと毛が多い印象の普通の人。

お探しの物件は、新築、もしくは築浅の

ガレージ込で8万円。

職場に近い方がいいということですが・・・

問い合わせの物件は自転車で20分くらい。

その他の物件も紹介しながら、選定していく。

とりあえず、4件ほどピックアップして見に行く。

車中で色々と話しかけるが、中々職業を明かしてくれない。

うーん、ここは直接的にお仕事はと聞くと、

「K察官です」

私「そーなんですが、H県警ですよね。」

「今は、兵庫の西の端に住んでいて、今回I市に転勤なんですよ。」

私「へー、K察官も転勤てあるんですね」

などと色々と会話をしていたら、面白い話が出てくる。

まず、H県警は超ブラック企業で、3人くらいのチームを組んでいるが、

完全付き合い残業制で、早く終わっても帰れない。(本署勤務とのこと)

田んぼと一緒ですわーとよくわからないたとえをされるが、

田んぼも耕運機を運転している人がいると終わるまで、

周りで見ているらしい。

そんな状態なので、H県警はなり手がおらず、募集を27歳から35歳に

制限を上げているらしい。そして、年いって入ってくるやつわ、

とんでもなく使えんらしい。私は42歳なので、もう無理か〜

などなど、色々とお話を聞きながら、

最後は今日は手土産を持っていかないといけないので、

ちょっといいところないですかとのこと。

どうも手土産持ってこないやつは爪弾きにされるので、

礼儀は大事なんですよとのことでした。

という感じで最終ご契約いただきましたが、

最終決着というわけではなく、明日第二ラウンドとなります。


にほんブログ村





日本製 接触冷感ナイスクール素材 アウトラスト(R) 快適快眠クールケット(抗菌・防臭わた使用) シングルサイズ アイボリー

日本製 接触冷感ナイスクール素材
アウトラスト(R) 快適快…

\12,312(税込)

■際立つ、ひんやり感接触冷感素材を強化した、特別なアウトラストレジスタードマーク快適快眠シリーズ!接触冷感素材ナイスクール使用!■アウトラストレジスタードマーク使用、アツアツジメジメの熱帯夜もこれで快適!NASAのハイテク技術を寝具に転用しました!NASAのために開発されたア…

拡大画像を見る


posted by ぐっさん at 23:58| Comment(0) | お客様とのやりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

接客エピソードその3 お金がない!!

久々に強烈なおじさんが来店した。

私が外回りから帰ってきた時に、カウンターにおじさんが座っており、

店長が応対していた。

概ね話は煮詰まっており、ぐっさん、これ案内行ってください

ということで、2DKで4,2万の格安Aハウスを渡される。

この時点でお金はないんだろうという想像はついていたが、

おじさんから出た言葉は私の想像を超えていた。

21日(やってきたその日は18日)に家を出ないといけない状態なのだが、

手持ちが5万円しかない。

これで何とか部屋を紹介してくれと言う。

しかも、5年前に自己破産しており、自営業。

仲介したら危険な領域だ。

しかし、店長が行けというから仕方なく物件に向かう。

物件に入るとわずか5秒で、OKとのこと。

店長にその旨報告すると、ちょっと怖いので、

一応、家賃保証委託会社の審査を通ることを条件に、

仲介をしようということになったので、

その日は審査用紙だけ書いてもらって帰ってもらった。

まあ、審査落ちるやろうなと思っていたら、通ってしまった。

やばい、やばい、やばい・・・

仕方なく、審査OKだったことを報告し、明日お金を持ってきてくださいと

いうことで、家主さんにも連絡し、段取りを組む。

そう、私も覚悟を決めたのです。

翌日、連絡してから来ますとのことであったが、全く連絡がないので、

連絡したが繋がらない。一日中連絡したが、結局その日は繋がらなかった。

リミットは明日の午前中。お金が入らないと部屋には入れない。

リミット最終日。やっぱり連絡が繋がらない。仕方なく私は家主に連絡し、

なかったことに〜してもらった。

手間暇かけさせられてこれかいとちょっと憤りを感じながら、

一方安心している自分もいる。

明日は休みだ。あーこれでゆっくり休める。

翌日家で昼寝をしていると会社から10件くらい連続で着信があった。

何があったんかと連絡したら、そのおじさんが来て、何とか家に

荷物を置かせてほしいという。しかし、金がないならダメと追い返した

とのことだった。一応24日には金を用意できるらしいとのことで、

お金持ってきてから考えましょうということになった。

が、おじさんはあきらめなかった。ぐっさん何とか5000円入れるから、

荷物を置かせてくれと交渉を入れてくる。

大の大人が5000円て。さすがのぐっさんでもどうしようもないわ!

ということで、お金を用意してねと言って電話を置いた。

24日まで彼はどうするんやろうか。

お金がない!!と流石に仲介はできませーん。

ちなみに仲介の目安としては、敷金礼金は上乗せをするとして、

諸経費は仲介手数料0.5か月の場合、家賃5万円で

2か月分くらいになります。

内訳は、前受1か月で、仲介手数料、火災保険。

これ以外に追加で保証委託料、消毒等が追加されます。

おじさんが来たら又書きます。それでは!





posted by ぐっさん at 23:29| Comment(0) | お客様とのやりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

接客エピソードその2 そこまでするか!衝撃の結末!!

引越シーズンも終わり、ちょっと落ち着いたというか、
お客様の少ない、寂しいお店で日夜頑張っております。

これから8月末くらいまでは、我が営業店の暗黒の時代が始まります。

そういう時期なので、来られるお客様には、一生懸命全力投球。

この間来たお客様も同じように頑張っていた…

そのお客様は、店前で、看板を見ていたところ声を掛け、
ちょっと物件を見せてほしいということでご紹介。
今日は時間がないので、資料を欲しいということでした。

そのお客様、外見はどう見ても女の子だと思うのですが、
男の子の言葉で話す。(おなべ?)

そして、今神戸のタワーマンションに住んでおり、
ランドクルーザーに乗り、15万の家賃を払っているという。
更に一か所に留まることが出来ず、大体2年で引越し、
今回も2年経ってないんですわとのこと。

お金持ち?なんかなと思いながら、話を聞き進める。

出来れば築浅のタワーマンション1LDKが良いとのことですが、
我が営業店の付近は、低層住宅地域なので、
そういった大型のマンションは少ない。

そんな中から新築の2LDKを紹介したちところ結構気に入ってもらえた。

資料を渡し、翌日10:00に又来ますということでその日は帰った。

賃貸の場合、翌日に持ち越すと来店する確率は5分5分。
それは、気に入った物件が無かったので、明日来るといって、
その場を立ち去る人が多いからである。
なので、本気の人はその日に見に行きたがる。
(が、今回は最初から時間が無いと聞いていたので、
まあ、仕方ないパターンかな。)

ちょっと軽い感じもあって、来るかなーという気持ちで、
待っていたところ、その男(女?)はやってきた。

よっしゃー。これは契約かー。
(再来で来たら決定率は上がる。やる気ないとこないもの)

昨日帰った後探した物件も合わせて、ノリノリで再度営業。
そして2件回ることに。
(もう1件は翌日退去なので、2件見てダメだったらという
明日見ようという物件あり)

そして、見に行ったところ、最初良いと言っていた物件で
決めようかなということになった。
ただ、申し込みはその見ていない、もう1件を見て、
決めたいという。

店長に相談すると、気に入っているんやったら、
何で申込せーへんのと詰められる。

仕方なく、店に戻って、とりあえず申込書に記入して、
部屋を抑えときましょうかというと、
今度は、保証人の情報がわからないので、書いて明日持ってきます
とのこと。

怪しい。
この人は本当に気に入っているんかなという思いが脳裏をよぎる。

一応念押しで、本当に気に入ってますか的な話を持ちかけると、
「これしかないと思っています。契約はしたいんやけど、
彼女に最終見せないといけないので、明日まで待ってほしい」
と情熱的に言う。

まあ、仕方ないかということで、翌日17:30待ち合わせということで、
名前と住所、携帯番号を書いてもらってその日は帰ってもらった。

その男(女?)の名前は山崎涼太。やっぱり男やったんか〜
などと呑気な私である。

翌日、17:00以降の案内は原則ダメだよと上司言われ、
部長に承認もらい、時間まで待つ。

この時点で、個人的には半信半疑。多分こないんやろうなと
思っていた。

そして、案の定彼は来なかった。携帯も繋がらず…
私は店長に激詰めされるのであった。南無〜

とここまではよくある話である。

裏切られることにはもう慣れたから…などと感傷に浸ることもない。

しかし、翌日とんでもないところでそいつを発見する。

その日は、店の前に某お好み焼き、焼きそばチェーン店Jの開店日。
朝早くから準備に忙しそうである。

郵便物を出しに行っていた先輩が帰ってきた時、衝撃の事実が発覚する。
そう「昨日の子、前の店で働いとるで」

なにー。怒りが込みあげるより、あまりのことに呆気に取られる。

店長よりすぐに「ぐっさん、あいつに話しかけてきてください」
と指示を受けるが、もう呆れて話もしたくないと思い、
動かないでいると店長自らお好み焼きを買いに行き、話をしてきた。

一応話は出来たみたいで、部屋は探してませんという返事があったわ。
しかも、山崎涼太は偽名。M田さんやったでー。とのこと。

この距離でそんなイタズラ普通しますか〜

こっちは大人の時間使ってるんやで。ええ加減にせえよー。

後日わかったことですが、先輩が以前M田は店に来たことがあり、
その時は18:00頃来て、友達連れて見に来ますと言って、
そのまま20:00まで開けていたが来なかったという。

もうちょっと早く言ってくれー

皆さん、山崎涼太を名乗るオナベが来たら要注意です。

気を付けろ!(長井秀和風に、古いか)

ラベル:賃貸 接客
posted by ぐっさん at 00:13| Comment(0) | お客様とのやりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

接客エピソードその1 さすがに・・・ご紹介無理でした。

先日、扉が空き、黒のスーツ(ちょっとヨレヨレ)を着た
年配のおじいさんがやってきた。

今度生活保護を受けるので、家を探しに来たとのこと。

通常は、最初に名前、住所、連絡先などは聞かない。

それは何故か。

お客様にもよるのですが、

ちょっと軽く見に来たという方にいきなり個人情報を聞くと、
今日は見に来ただけなのでそういうのは教えたくないと言って、
物件だけ見たら帰られてしまうことが多い。

ある程度信頼関係が出来ないと、そのあたりを聞くのはNGなのである。

ということであったが、ちょっと特殊な事情だったので状況を聞く。

その方は、家賃が払えなくなって、今住んでいるところから追い出されるので、
生活保護を受けようと考えているとのことで、ここまでならよくある。

が、残念なことに携帯、連絡先がないとのこと。

さすがにこういったお客様は、身元がはっきりしないということで、
どうしても物件のご紹介が出来ない。

残念ではありましたが、お引き取りいただくことになりました。

同様の感じで、海外から帰国したばかりで、日本の携帯をもってない
というお客様もご紹介することができませんでした。

中々簡単には契約には至らないものです。



posted by ぐっさん at 23:19| Comment(1) | お客様とのやりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする