2017年08月14日

【賃貸不動産経営管理士試験対策】契約期間と更新・更新手数料


 

賃貸管理 ブログランキングへ

賃貸不動産経営管理士の試験対策問題集より私がやっていてこれは勉強しておいた方が良さそうな内容をPICK UPしてご紹介します。

【試験対策】契約期間と更新・更新手数料
首都圏や関西では京都なども契約期間を2年間として更新料、更新手数料を取って更新手続きをする習慣がありますが、関西のその他の地域では、ほとんど2年以降は自動更新となっています。
自動更新だと期限のない契約となってしまうので貸主が不利になるケースが増えます。

本当のところはきちんと更新手続きを取って、本人の現在の状況(無職になっている場合などもある)や更新の意思確認や保証人の存在、保証人の状況などその際にきちんと確認して更新しておく方が後々問題が少なくなります。
デメリットとしては、更新時に引越ししてしまうケースがありますが、確認せずに更新してしまって滞納されたとなると余計に無駄な費用が掛かりますので、更新手続きをした方が結果的に良い場合が多いです。
関西でも大手は更新手続きをする方向に動いているようなので、今後は全国的に更新手続きを取る動きになっていくと思いますね。

メニューページへ

契約期間と更新・更新手数料
ここは更新、更新拒絶など毎年何問か出てますのできちんと覚えておきたいところです。

1.更新期間
・建物の賃貸借の存続期間を定めるか定めないかは、貸主と借主の合意の元に決定する。
民法では20年を超えることはできないが、借地借家法では、契約期間の上限はない。
又、建物の賃貸借では一年未満の契約は期間の定めがない契約となる。
定期借家では、1年未満の契約も有効である。

2.契約の更新
平成27年の問19で出ていました。

◎借地借家法の法廷更新
期間を定めた建物賃貸借契約について下記の場合は、契約を更新したものとみなされる。

・貸主が期間の満了の1年前から6か月前までの間に借主に対して「更新をしない旨をしなかったとき」

・「条件を更新しなければ更新しない旨の通知」をしなかったとき

・貸主が更新しない旨を通知しても、そのまま借主が住んでいることに対して貸主が遅滞なく異議を唱えなかった場合

◎法廷更新の効果
建物賃貸借契約が法廷更新されると、契約期間を除き、同条件で契約は継続し、期間の定めのない契約となる。

3.合意更新
合意更新する場合は、契約に特別な定めがない限り、特別な手続きは必要なく、当事者間で合意すればよい。

4.更新料
更新料は、建物賃貸借契約の更新の際に、借主が貸主に支払う一時金である。
・更新料の支払い義務は、法令上何ら根拠がなく、当事者間の合意に基づき発生する。
合意があれば更新料を取ることは基本的には問題ないが、更新料が賃料に比べて高額すぎる場合は認められない場合がある。

5.更新手数料
更新手数料は、管理業者が契約の更新手続きを行う場合の事務代行手数料と考えられ、その額が相当であれば有効。








賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


賃貸不動産経営管理士試験一問一答

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)





posted by ぐっさん at 12:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。