2017年05月19日

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成27年度試験 問14 賃貸借契約



大ヒット映画「君の名は。」
DVD,ブルーレイ7/26発売!

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから


 平成28年度試験問題はこちらから 

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

平成27年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40


ここも平成27年の問12,13に続き賃貸借関係です。
まあ、この辺りはきちんと勉強しないと取りこぼしますね。

賃貸借契約について勉強するならこちら
借地借家法,賃貸借契約の種類


問14 賃貸借契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1. 定期建物賃貸借契約の契約期間が満了する前に、貸主と借主が合意すれば、
契約を更新することができる。

2. 一時使用のために建物の賃貸借をしたことが明らかな場合には、借地借家法の適用はない。

3. 法令又は契約により一定の期間を経過した後に建物を取壊すべきことが明らかな場合において、建物の賃貸借をするときは、建物を取壊すこととなる時に賃貸借が終了する旨を定めることができる。

4. 終身建物賃貸借契約は、公正証書等の書面で行うことが必要であり、賃貸借契約は借主が死亡した時に終了する。


答えは1です。

定期借家は基本的に契約の更新はできません。
契約を継続する場合は、再契約となります。



平成27年の問15へ

メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)












posted by ぐっさん at 07:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。