2017年05月06日

平成29年テキスト改訂ポイント 賃貸不動産経営管理士その6賃貸不動産に関する基本法令(個人情報保護法)







応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ

賃貸不動産管理に関する基本法令(個人情報保護法) 

個人情報保護法、ここは必ず一問出るところです。
よく勉強しておきましょう。

個人情報保護法とは

高度情報通信社会の進展に伴い、
個人情報の利用が急激に拡大したことによって、
個人情報の有用性に配慮しつつ、
個人情報の権利利益を保護する目的で作られた法律

個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務などを
定めている。

◎個人情報保護法が適用される個人情報とは

生存する個人に関する情報であって、
当該情報に含まれる氏名、生年月日損他の記述により
特定の個人を識別できるものである。

生存する個人というのは重要

死亡している個人の情報であったり、
会社などの情報等はこれに該当しない。

プライバシーとは必ず一致しないというのも重要

個人情報の適用対象

@個人情報保護法が適用される事業者
個人情報取扱事業者に該当する場合おのみ、
同法で定める義務が課される。

A個人情報取扱事業者とは
個人情報データベース等(コンピューターで
検索できるように体系化したものや、
顧客カードや名刺を50音順に並べたものなど)
を事業のように供している者を言う。

過去6か月の間のデータベースの個人数が
5000を超える業者が含まれます。

正し、自社で持っていなくても他の大規模な
個人情報データベースを使っている業者も該当する。

個人情報取扱事業者に課されている義務

@利用目的の特定、利用目的による制限
個人情報取扱事業者は、その利用目的をできるだけ
特定しなければならず、一定の例外を除き、
あらかじめ本人の同意を得ないで個人情報を
取り扱ってはいけない。

A取得に際しての利用目的の通知等
個人情報取得事業者は、個人情報を取得した場合は、
あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、
利用目的を本人に口頭又は書面等で通知し、
またはポスターやウェブ画面で公表しなければなりません。

※ここは実務でやってますね
又、契約に際しては、本人の個人情報について
個人情報の取り扱い同意書などを通じて
利用目的を明示しないといけません。

インターネットなどを利用した電子データ等による
取得も同様です。

インターネットのアンケートなどであらかじめ
利用目的を公表している場合などは
それに基づく個人情報の利用は同意を得たものとして
利用が可能です。


Bデータ内容の正確性の確保

C安全管理措置
個人情報を取り扱う場合も委託して取り扱わせる場合も
安全かつ適切な措置を講じないといけない。

D第三者提供の制限
あらかじめ同意を得ていない場合は、
第三者に個人情報を提供してはいけないが、
同意を得ている場合は第三者に提供することが出来る。

クループ会社やフランチャイズの本部と加盟店のデータ交換も
第三者提供となるので取扱い注意です。

警察の捜査など情報提供義務がある場合は
個人情報の無断利用には当たらない。


E開示、訂正、利用停止等
個人情報取扱事業者は、保有個人データを
利用目的、開示等に必要な手続き、苦情の申し出先等について
本人の知り得る状態にしておかなければならない。

本人が申し出た場合は、開示しなければならない。

データの内容に誤りがある場合は、
出来る範囲で調査し、訂正、追加、削除を
行わなければならない。

利用目的に違反している場合、不正取得した場合は、
本人から保有個人データの利用の停止消去を求められた場合は、
利用の停止等を行わなければならない。

ここは重要なのでじっくり読んでみてください。

平成27年問2平成28年問3に出題。


賃貸不動産経営管理士
その1倫理憲章
その2賃貸不動産経営管理士に求められるコンプライアンス
その3賃貸不動産に関する基本法令(民法)
その4賃貸不動産に関する基本法令(借地借家法)
その5賃貸不動産に関する基本法令(消費者契約法)
その6賃貸不動産に関する基本法令(個人情報保護法)
その7賃貸不動産に関する基本法令
(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

その8賃貸不動産に関する基本法令(宅地建物取引業法)
その9賃貸不動産に関する基本法令
(コンプライアンスに関する法令の状況)

その10賃貸不動産に関する基本法令
(法令以外の賃貸不動産管理に関連する制度)

その11賃貸不動産に関する基本法令(他士業業務との関係)
その12契約の成立


【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)













posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。