2017年04月07日

賃貸不動産経営管理士過去問ピックアップ 賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項(平成27年問8・平成28年問6)






賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

 平成28年度試験問題はこちらから 

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

平成27年
 問8 賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1. 賃貸住宅管理業者は、管理物件が遠隔地に所在する場合には、基幹事務を一括して他の者に再委託することができる。

2. 賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、講習の見やすい場所に、標識を掲げなければならない。

3. 賃貸住宅管理業者は、その従業者に対し、管理事務の適切な処理を図るため必要な研修を受けさせるよう努めなければならない。

4. 賃貸住宅管理業者の従業員は、その業務を行うに際し、借主などその他の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければならない。

答えは1です。

賃貸住宅管理業者は、管理受託契約に定めがあれば、
管理事務を他の者に再委託することは可能ですが、
基幹事務は、一括しての再委託は禁止されています。


平成28年
問6 賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する
遵守事項に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1.賃貸住宅管理業者は、管理受託契約の終了により管理事務が終了する場合は、管理事務が終了する前に、当該賃貸住宅の借主に対して、その旨を通知しなければならない。

2.賃貸住宅管理業者は、管理受託契約を締結した貸主に対し、毎事業年度の
終了後3か月以内に、当該管理事務に関する報告をしなければならない。

3.賃貸住宅管理業者は、管理受託契約に関して広告を行う場合は、管理事務の内容について実際のものより著しく有利であると人を誤認される表示又は説明をしてはならないが、業務に関して勧誘を行う場合は、そのような禁止は
されていない。

4.賃貸住宅管理業者は、その業務について、事務所ごとに帳簿を作成し、
これを保存しなければならない。



答えは4ですね。

1と悩んで私は間違えてしまいました|д゚)

1は業務終了までにではなく、遅滞なくです。
(テキストP168 参照)

2は、そんな規定ありません。3か月の報告は、
賃貸住宅管理業務登録制度の登録業者が
国土交通省に報告が必要というのと混ざってます。

3は、そんな説明もダメ出し、勧誘も当然ダメです。


賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項(平成27年問8・平成28年問6)


賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)




試験対策問題集


賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)




資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。



posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。