2017年02月14日

平成29年公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能)試験【もうちょっと勉強したいなら】商事信託



平成29年度版過去問を買うなら

商事信託

昨今、高齢化社会になり、
自分の財産を安心して任せられる先として
第三者に運用を任せる信託が注目を浴びています。

そのうち、商事信託は、信託会社や信託銀行が
営利目的で受託者からの信託契約を受けることを言います。

やはり人に任せる為、そこには信託手数料が発生します。






財産が多くあれば安心して任せれる信託が有効ですが、
財産がそこまで多くない場合だと信託手数料が割高になり、
信託する意味があまりない場合があります。

そういった際に委託者が受託者である子供や親族に
信託することを民事信託と言います。

民事信託は、信託法の制限を受けない、
低コストで行えるというメリットがあり、
近年注目を浴びています。


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 20:00| Comment(0) | 不動産コンサルティングマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。