2017年01月18日

公認 不動産コンサルティングマスター試験 不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべき?






不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべき?

不動産コンサルディング技能試験を受けるに当たり、
不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべきか
というのは結構悩むところです。

不動産コンサルティング・基礎教育
宅地建物取引士の4問免除講習や
賃貸不動産経営管理士の4問免除講習と違い、
講習を受けても特典がありません。

そのくせ、【事業・実務】【建築・法律】【税制・経済金融】の3コースあり、
それも各15000円します。

ちなみに私は受けませんでした!
というのは、全日の無料講習でその内容は聞いてきてくれて
教えてくれるという話だったからです。
本当は受けようと思っていたのですが一年目だったので
まあ、今年はそれでいいかなという感じでした。

プラス社内で受ける人がいたので
最終的にはその人からも資料をもらい確認しました。

全日でもらった資料とほぼ一緒の内容でしたが、
全日の講義でいくつか出れてないコマの部分で
抜けていたところもあり、やはりこの情報は何らかの形で
入手する必要がありますね。

で、実際にはこの基礎教育からどれくらいの頻度で出るか
というと正直5割〜7割程度。
全体の問題比率でいうと3割くらいかなという印象です。

が、やはりこの3割は結構大きいです。

何といっても、この不動産コンサルは合格点が約6割。
ということは3割取れれば後はちょっと頑張ればというところ。

実際にこの資料をくれた人は嘘か本当か
この講義の資料しか勉強をせずに受かったということでした。

結論としては、45000円払えるなら、そして絶対受かりたいなら
不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべきです。

これを受けておけば、合格への道はかなり近くなると言えるでしょう。

とこんなに受講を強調しておりますが協会の回し者でもなく、
そんな私は受けてません。

後は、ご自身の判断で決めていただければと思います。

不動産コンサルティング・基礎教育を受講するなら ↓
http://www.fu-consul.jp/kisokyoiku.html


・不動産コンサルティング試験
対策するならまずはこれ!


book28_01

不動産コンサルティング
技能試験テキスト


不動産コンサル過去問題集〈平成28年版〉

新品価格
¥4,644から
(2016/12/21 21:52時点)



不動産コンサル過去問題集
〈平成28年版〉

公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

 
 


posted by ぐっさん at 23:21| Comment(0) | 不動産コンサルティングマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。