2016年12月30日

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成28年度試験 問36 解説付







応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ



問36 不動産の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.相続人が取得した空き家やその敷地を売却した場合、所得税に関し、居住用財産を
譲渡した場合の3,000万円控除の適用を受けることができる。

2.適切な管理がされていない空き家は、防災・衛生・景観等、周辺の生活環境の観点から、
固定資産税が最大で6倍になる可能性がある。

3.不動産取引では、仲介手数料の支払いについては消費税が課せられるが、
建物や土地の購入代金については消費税が課されない。

4.土地・建物の譲渡所得は、他の所得と分離して税額を計算する「申告分離課税」
という計算方法をとる。

答えは、3ですね。

建物については、個人売買では必要ありませんが、

課税業者と取引する場合は消費税が掛かることがあります。





賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)





試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)














posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。