2016年11月04日

ハウスドゥ/不動産評価額がわかるアプリ「Do! BANK(ドゥ! バンク)」配信開始





(週刊住宅onleneより)
不動産フランチャイズのハウスドゥは10月31日、
ローンを利用する際に必要な不動産担保評価の目安がわかる
スマートフォンアプリ「Do! BANK(ドゥ! バンク)」
の配信を開始した。

消費者は、自分で所有する不動産の評価額を把握できるようになる。
全国ハウスドゥチェーンの過去の取引事例や地価公示などの
ビッグデータを活用する。
住所や土地の面積など物件の基本情報を入力するだけで評価を算出する。
間取りや築年数といった情報を入力すれば、さらに精度の高い査定結果が分かる。
人工知能(AI)も活用し、評価結果のデータを分析・学習させることで
最新の評価額が出せるようにする。
 
同評価システムは、売買仲介や売却したあとも住み続けられる
ハウス・リースバックの査定に活用し、情報のオープン化と不動産ストックに
流動化につなげたい考え。
 今後は、アプリによる融資の依頼や決済、返済方法といった変更に対応できる
システムの開発に取り組み、フィンテックによる新たな不動産金融システムの構築を目指す。

ということでここでもAIを使ったサービスが開始されました。

AIについてはこちらでお話しさせていただいております。
http://blog.livedoor.jp/yamacfnets/archives/7882193.html


こういった情報収集の分析についてはAIがやはり力を発揮しますね。
アプリを使ってより高い値段で物件を売る。
そこにファイナンスもついてくるということで便利になりそうです。




住みながら自宅を売却できる【ハウスドゥ】






posted by ぐっさん at 16:03| Comment(0) | 不動産会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。