2016年09月10日

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成27年度試験 問24 解説付

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験全問はこちらから


賃貸不動産経営管理士平成28年度試験全問はこちらから




各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

問24 「原状回復を巡るトラブルとガイドライン(再改定版)」(国土交通省平成23年8月。以下、各問において「ガイドライン」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 原状回復の取り扱いについて、ガイドラインの内容と異なる特約を定めても無効である。

2. ガイドラインの考え方によれば、借主の故意過失等による損耗であっても、借主の負担については、原則として建物や設備等の経過年数を考慮し、年数が多いほど負担割合が減少することとなる。

3. ガイドラインの考え方によれば、借主がクロスを故意に落書きを行ったとしても、当該クロスが耐用年数を超えている場合には、これを消すための費用(工事費や人件費等)については、借主の負担とすることができない。

4. ガイドラインの考え方によれば、クロスの張替の場合、借主の負担とすることができるのは毀損箇所の張替費用に限定されるのであって、それを超えて毀損箇所を含む一面の張替費用を借主の負担とすることはできない。

答えは2ですね。

この問題は必ず又出そうなので勉強しておきたいところです。

国土交通省のガイドラインでは、通常損耗および経年劣化については、
原状回復費用を負担しなくても良いとされています。
故意過失によるものは当然入居者の負担になります。

又、特約でお互い納得の上基準を設けている場合は、
有効とされています。

賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)




試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)








posted by ぐっさん at 14:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。