2015年08月17日

再来店と再案内について

今日は休みで、久しぶりに株の信用取引で勝負。

任天堂を買いで入り、最初はちょっと上がって安心していたら、

昼飯を食べて株価をチェックすると、大下り。

結局-20000円というところでフィニッシュ。

小遣いになればと思ったが、損をしただけだった。

やっぱり勝つのは難しいなあ。

ということで、今日は自社で使っている用語にはなりますが、

他でも違う意味で使っているとは思うので、ちょっと書いてみます。

まず、再来というのは、簡単に言うと、一回来ていただいたが、

契約に至らず、日程を改めて、再度提案するパターン。

再案内は、契約したが、彼氏や親に最終一緒にみてもらう等

決めた物件を再度日程を改めて見に来るパターン。

再来店の場合、いわゆる探し直しとなるのですが、

よくあるのが、追客と言って、担当させていただいたお客様に対して、

後追いする作業を怠ってしまい、勝手にお客様が再来店されるケース。

これを勝手再来という。

この場合、担当の権限はなくなり、その日の当たり番の人が応対する。

又、再案内の場合、通常決めた物件を再度見に来るということが多いが、

その物件が実は気に入っていないという場合に、

担当者が当たれば、もう一度再度提案させてもらうことになります。

しかし、休みや前の商談が伸びた時など、他の人に案内に行ってもらう

ことがある。

その時に、もし、違う物件で決まれば、ここでも担当が違う物件で決めた

担当者に変わってしまいます。

昨日も新人君の営業が前の商談が伸びてしまい、私が応対することに

なったのですが、お母さんと彼氏を連れてきたので、

もう少しいいのがあれば見たいという。

仕方なく商談を進めていくと少しよさげな物件があり、

それも一緒に見に行くことになり、最終そこで決まってしまいました。

担当が変わるということを知らなかった新人君はぐっさんに

ありがとうございましたと言ってくれましたが、

それはこちらのセリフなのでした。

逆もありますのでこれは仕方ないのです。

賃貸の営業は、数字を上げてナンボなので、気を抜くと自分の契約が

他人に取られてしまうのです。

ということもあって、休みに再案内があると休めず、休みが少なくなるのです。

でも、評価がその一点なので、仕方ないですね。











posted by ぐっさん at 20:00| Comment(0) | 用語説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。