2014年04月29日

接客エピソードその2 そこまでするか!衝撃の結末!!

引越シーズンも終わり、ちょっと落ち着いたというか、
お客様の少ない、寂しいお店で日夜頑張っております。

これから8月末くらいまでは、我が営業店の暗黒の時代が始まります。

そういう時期なので、来られるお客様には、一生懸命全力投球。

この間来たお客様も同じように頑張っていた…

そのお客様は、店前で、看板を見ていたところ声を掛け、
ちょっと物件を見せてほしいということでご紹介。
今日は時間がないので、資料を欲しいということでした。

そのお客様、外見はどう見ても女の子だと思うのですが、
男の子の言葉で話す。(おなべ?)

そして、今神戸のタワーマンションに住んでおり、
ランドクルーザーに乗り、15万の家賃を払っているという。
更に一か所に留まることが出来ず、大体2年で引越し、
今回も2年経ってないんですわとのこと。

お金持ち?なんかなと思いながら、話を聞き進める。

出来れば築浅のタワーマンション1LDKが良いとのことですが、
我が営業店の付近は、低層住宅地域なので、
そういった大型のマンションは少ない。

そんな中から新築の2LDKを紹介したちところ結構気に入ってもらえた。

資料を渡し、翌日10:00に又来ますということでその日は帰った。

賃貸の場合、翌日に持ち越すと来店する確率は5分5分。
それは、気に入った物件が無かったので、明日来るといって、
その場を立ち去る人が多いからである。
なので、本気の人はその日に見に行きたがる。
(が、今回は最初から時間が無いと聞いていたので、
まあ、仕方ないパターンかな。)

ちょっと軽い感じもあって、来るかなーという気持ちで、
待っていたところ、その男(女?)はやってきた。

よっしゃー。これは契約かー。
(再来で来たら決定率は上がる。やる気ないとこないもの)

昨日帰った後探した物件も合わせて、ノリノリで再度営業。
そして2件回ることに。
(もう1件は翌日退去なので、2件見てダメだったらという
明日見ようという物件あり)

そして、見に行ったところ、最初良いと言っていた物件で
決めようかなということになった。
ただ、申し込みはその見ていない、もう1件を見て、
決めたいという。

店長に相談すると、気に入っているんやったら、
何で申込せーへんのと詰められる。

仕方なく、店に戻って、とりあえず申込書に記入して、
部屋を抑えときましょうかというと、
今度は、保証人の情報がわからないので、書いて明日持ってきます
とのこと。

怪しい。
この人は本当に気に入っているんかなという思いが脳裏をよぎる。

一応念押しで、本当に気に入ってますか的な話を持ちかけると、
「これしかないと思っています。契約はしたいんやけど、
彼女に最終見せないといけないので、明日まで待ってほしい」
と情熱的に言う。

まあ、仕方ないかということで、翌日17:30待ち合わせということで、
名前と住所、携帯番号を書いてもらってその日は帰ってもらった。

その男(女?)の名前は山崎涼太。やっぱり男やったんか〜
などと呑気な私である。

翌日、17:00以降の案内は原則ダメだよと上司言われ、
部長に承認もらい、時間まで待つ。

この時点で、個人的には半信半疑。多分こないんやろうなと
思っていた。

そして、案の定彼は来なかった。携帯も繋がらず…
私は店長に激詰めされるのであった。南無〜

とここまではよくある話である。

裏切られることにはもう慣れたから…などと感傷に浸ることもない。

しかし、翌日とんでもないところでそいつを発見する。

その日は、店の前に某お好み焼き、焼きそばチェーン店Jの開店日。
朝早くから準備に忙しそうである。

郵便物を出しに行っていた先輩が帰ってきた時、衝撃の事実が発覚する。
そう「昨日の子、前の店で働いとるで」

なにー。怒りが込みあげるより、あまりのことに呆気に取られる。

店長よりすぐに「ぐっさん、あいつに話しかけてきてください」
と指示を受けるが、もう呆れて話もしたくないと思い、
動かないでいると店長自らお好み焼きを買いに行き、話をしてきた。

一応話は出来たみたいで、部屋は探してませんという返事があったわ。
しかも、山崎涼太は偽名。M田さんやったでー。とのこと。

この距離でそんなイタズラ普通しますか〜

こっちは大人の時間使ってるんやで。ええ加減にせえよー。

後日わかったことですが、先輩が以前M田は店に来たことがあり、
その時は18:00頃来て、友達連れて見に来ますと言って、
そのまま20:00まで開けていたが来なかったという。

もうちょっと早く言ってくれー

皆さん、山崎涼太を名乗るオナベが来たら要注意です。

気を付けろ!(長井秀和風に、古いか)

ラベル:賃貸 接客
posted by ぐっさん at 00:13| Comment(0) | お客様とのやりとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。