2013年11月10日

業務その3 賃貸物件のご紹介 その1反響(来店予定作り)

いよいよ入社して9カ月目に入った。

以前の賃貸業の営業マンは、3カ月経ったら一人前扱いで、
数字を求められ、強烈に詰められ、そこを乗り越えられた人しか
残れないような世界だったらしい。
数字を叩いている社員は契約書のやりとりその他で忙しく、
数字がいっていない社員は、休むに休めない感じだったとのこと。

しかし、今の会社は、社員の定着率を上げないと会社力が上がらない
ということで、社員数を増やし、休みもそれなりに取れるように
改善中で、環境もよくなってきている。うれしいことである。

そして、10月が決算で色々と人事異動があり、4番手から3番手に
上がったことで、ようやくお客様に当たれる機会も増えてきた。

ということで、賃貸物件のご紹介について、今回は書きたいと思います。

賃貸物件の紹介のイメージとして、入社する前は、
単純に来たお客様に電物等で確認しストックしている物件を
紹介し、一緒に見に行って決めてもらう感じで、
自分があんまりこだわらないタイプなので、
サクッと1発で決まるもんやろと思っておりました。

しかし、実際には、まず、そんなにお客様は来ない。
ネット見ました!と言って電話、メールなんて来ない。
8月なんかは、本当にひどく、営業の4人中3人が1、2件の契約、
月の来店が10組!だった。こうなったらもうどうしようもない。
ただ、店長から詰められるのみ。
(お前ら利益出さんかい!消火器や鍵の交換を取れ!
と訪問販売まがいの仕事をさせられる。)

なので、来たお客様を決めていくのは当たり前で、
いかに来店してもらえるかどうかがカギとなるのである。

いわゆる来店予定を作るという作業になる。
特に土日の来店がない社員は、店長の視線を強烈に浴び、
何しにきたん?と嫌味を言われ続ける。

それでは来店を作る為に我々はどういうことをしているのか
と言いますと

◎反響を取る
反響=お客様からの電話、メール等への問合せをいただく、
これが基本になります。
その為、一流営業マンの電話を取るスピードは
半端なく早いです。何故ならこの反響は取ったもん勝ちで、
これを取るとお客様に当たる権利を得ることが出来るからです。
そして、そのお客様をいかに呼び込めるか!が
成績を上がれる営業マンと上げれない営業マンの差となります。
メールは順番に回ってきますが、携帯電話のある無しで
期待値は大きく変わってきます。携帯ありは激熱です。

この反響を入れる為に、
@インターネットの物件の更新が重要になります。
・新築物件、未取引先の新規登録
・空室情報の更新
・家賃交渉をし、特選物件としてアップ。
等他業者より、いかに速くいい物件の情報をアップできるかが、
ポイントとなります。

A物件への看板の取りつけ
・看板が付いていない物件に看板をつける。
管理物件は、自社の看板をつけるのは当たり前ですが、
オープン(フリー)の家主様の物件には、看板を付けるのも
家主様の許可が必要で、取り付け出来ていない物件があれば、
家主様と交渉をし付けさせていただく。
(数字が悪い時は、契約取れへんのやったら、看板10枚付けてこい!
という感じの罰ゲームに使われる。)

賃貸は待ちの営業なので、このような感じで、お客様にいかに物件に興味を
持ってもらえるかがポイントで、@Aのような感じで日々努力をしております。
特に@をさぼると本当に反響が入らず、恐ろしい目にあいます。

次回は、来店いただいてから案内までを書きたいと思います。







posted by ぐっさん at 21:17| Comment(0) | 仕事内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。