2017年02月28日

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その3 消防設備






応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ

建物の基礎知識と維持管理の消防設備
ここも毎年出ています。
平成27年の問32、平成28年の問31で出題されてました。
が、そんなに難しくないので一読しておいてください。

1.消防設備

共同住宅における消防用設備は、建物に火災が発生したとき、火災の感知、報知、
連絡、通報、消化、避難及び誘導が安全かつ迅速にできること、並びに消防隊の活動を
支援することを目的として設置される。

・自動火災報知機
何故か絶対に出ているところなので要チェック。

@熱感知式
低温スポット型は、火災の熱によって一定の温度以上になると作動する。

作動式スポット型は、周囲の温度の上昇率が一定の率以上になったときに作動する。

A煙感知式
イオン式スポット型は、機器の中のイオン電流が煙によって遮断されると作動する。

光電式スポット型、煙の微粒子による光の反射を利用して作動させる。

・住宅用火災報知機の設置義務
2004(平成16)年の消防法改正により、自動火災報知機設備等が設置されない延床面積500u以下の住宅であっても設置が義務付けられた。

・消防法では、特定用途防火対象物としては、
不特定多数の人が出入りする店舗、集会施設等になります。

非特定用途防火対象物としては、
不特定多数の人が出入りする事務所等、共同住宅もここ分類されます。

・ABC消火器
A火災(普通火災)B火災(油火災)C火災(電気火災)のいずれにも対応できる。このABCの内容についても問われるので覚えておくこと。消火器の噴射の長さは15秒程度。

・避難設備
避難器具、誘導灯及び誘導標識がある。


建物の基礎知識と維持管理その4 昇降機設備・機械式駐車場設備

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)





試験対策問題集


賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)














posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日のつぶやき












posted by ぐっさん at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その2 建物の維持管理と点検




応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ

建物の基礎知識と維持管理の建物の維持管理と点検
ここも毎年出ています。
平成27年の問30、平成28年の問30で出題されてました。
が、かなりザックリとした感じなので試験で出た部分の
確認というところで書いてます。

1.建物の維持管理と点検の問題より抜粋
・特殊建築物等の調査
所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければならない。



・予防保全
事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全である。  
法定耐用年数等を参考に計画的に保全をしていくと良いが法定耐用年数に囚われる必要はなく、管理会社の判断でアドバイスを行う。

・事後保全
事故や不具合が生じてから、修繕等を行う保全である。

※予防保全は使えるものを交換するなど行う為、不経済に思えるが、実際には給湯器など一件設備の交換等が発生すると他の部屋も同時期に壊れることが多く、その度に業者を呼ぶと逆に費用が掛かる場合もある。いかに費用を増やさないように予防保全していくかが管理会社の腕の見せ所。

・法定点検
資格者による
点検作業と管轄官庁への報告が義務付けられている。

・巡回点検
管理業者が担う役割のうち重要なものではない。  

・日常点検
貸主に対して、日常業務に関する費用の見積もりと
結果報告は必ず行わなければならない。

・管理業務として建築物の点検を行う場合
入居者からの情報を活用するべきである。



【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)





試験対策問題集


賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)














posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日のつぶやき










posted by ぐっさん at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)建物の基礎知識と維持管理その1 建物の構造




応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1〜20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21〜40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ

建物の基礎知識と維持管理の建物の構造
ここは4問免除の問題で毎年出ています。
まあ一回読んでたらわかる程度のことしか出てません。

平成27年の問38、平成28年の問38で出題されてました。
4問免除講習を受けているなら見なくても大丈夫かもしれません。
あくまで平成28年時点ですが…

1.建物の構造方式
@木造 建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において
他の建築構造より劣る。
※木造ツーバイフォー工法・プレハブ工法は中級編で

A鉄骨 柱、梁などの構造体に鉄骨を使用する工法。鋼材の加工性が良く、工期は比較的短く、省力化が可能である。

B鉄筋コンクリート造(RC造) 鉄筋を組み立て、コンクリートを流し込んだ構造。建物の重量が重いため、地震による影響が大きい。

C鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造) 鉄骨を取り巻くように鉄筋を配置して型枠で囲み、コンクリートを流し込んで一体化したもの。鉄筋コンクリート造より施工が難しく、工期も長い。

2.壁式構造とラーメン構造
@壁式構造 壁体や床板で構成する構造方式である。

ダウンロード (5)

Aラーメン構造 柱と梁を一体化した骨組み構造である。

ダウンロード (6)



建物の基礎知識と維持管理その2 建物の維持管理と点検

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)





試験対策問題集


賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)














posted by ぐっさん at 19:00| Comment(0) | 賃貸不動産経営管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする